Hand-woven clothes   ており服遊び舎

Home  fufufu fuku Works  Exhibition  Blog  Link  Mail
       
 



Concept


地球上さまざまな地域から自然発生的に人類が考えだし、身体を包んで発展してきた手織の服
たて糸とよこ糸で作り出す布が、大地の色や草木の色を得て民族の服となり
今はより自由に楽しく変貌し続けています

昨日美しく感じた色、今日美しく感じる色、その日その時々の心のありようで
気持ちの中にスッと寄り添ってくる色たち

何百色もある糸棚から「あっ、これ!」と1本目に飛び込んできた色が次々と仲間の色を呼び込んで
一つの色のかたまりになりハーモニーがうまれます

私が色を選んでいるようで、もしかしたら色に選ばれているのは私の方かも、、、

その色たちと自由に遊んで楽しんで織り上がる手織布

鏡に向かって、縦にしたり横にしたり斜めに身体に巻きつけてみたり
服の形が自然に湧きあがってきます

ミシンと鏡の前を行ったり来たり、1本縫って鏡の前で身体に合わせてみる、
あーしてみようか、、こうしてみようか、、、
またもう1本縫って鏡の前でチェック
何度も繰り返しながら縫い上がった手織服は、二つと出来ないただ一つの存在

たて糸を作った時、よこ糸が加わって織り上がった時、服に縫い上がった時
でもまだまだ未完、着る人によって大きく空気感が変わってきます
人が着て初めて完成





1979 自己表現の手織を始める
1984 小田原市美術展 教育委員会賞(炎翔U)
手織工房開設、教室を始める
1988 小田原市美術展 奨励賞(秋宴)
1990 秦野新工芸展 秦野市長賞(秋宴U)
1996 小田原市美術展 奨励賞(布の表現)
1999 人生折り返し点 ちょっとてこ入れ 工房移転   手織工房 遊び舎 開設
2004 またまた工房移転 これが最後のつもり…
2000 以降 毎年小田急百貨店町田店工芸サロン「二人で手織服着てみて着てみて展」
2006 以降 毎年表参道ヒルズ西館ギャラリーKOWA「表参道でfufufu fuku」
2009 以降 毎年「Parisでもfufufu fuku」



ており服遊び舎
岩崎静江
250 0045 神奈川県小田原市城山 1-4-1-502
tel fax 0465-32-3667
http://www.teoriasobiya.com/